部屋に使わない楽器があるなら、買取店に持って行こう

上から落ちてくるコイン

日頃からやりたいこと

トランペット

ギターをよく使う人は、弾き終わった後普通にケースにしまってそのままにし、弾くときになったらメンテナンスをする、という人がいるでしょう。
大事にしているということはわかるのですが、このままの状態にしておくと、いざ買取に出すとなったときに不備が見られてしまい、買取価格が下がってしまうことがあります。
そのため、日頃からギターを労っておく必要があるのですが、一体何をすればいいのでしょう。

ギターは湿度に敏感な楽器です。湿度が高い場所に置いておくと湿気をギターが吸い込んでしまうため、普段よりも重くなってしまいます。
逆に乾燥している場所に置いてしまうと、ギターの板の部分に亀裂が入ってしまい、しまいには破損してしまいます。
そのため、普段保管するときは、風通しのよい場所に保管しましょう。

ギターを使わなくなって放置していると、ホコリを被ってしまいます。
ずっとホコリを被ったままの状態にしてしまうと、ホコリが取りづらくなってしまい、手入れをしても綺麗な状態にすることができなくなります。また、いざ弾こうとすると綺麗な音色を奏でてくれなくなります。
このようなギターの状態だと、買取店に持っていったときに査定で引っかかってしまい、満足のいく値段で買取ってもらえないです。
このようなことにならないためにも、日頃からこまめに手入れをしておき、綺麗な状態を保っておくようにしましょう。